株の配当金の仕組みについてあなたはどの程度知っていますか?株はハードルが高いイメージがありますが、意外と簡単に始めることができます。

グラフと日本円

知ってるとお得な株主優待

一万円札

今後の生き方を考えていくうえで、資産の形成、運用という事は大きなポイントとなってきます。
特に老後は働いて収入を得ていくことが難しくなるうえ、医療費や介護費用などの出費もかさみがちになります。
そういった時に備えて、ある程度お金を貯めておく必要があるでしょう。

しかし、単に貯金をしておくだけではなかなかお金が増えません。
近年、不況が続き銀行預金の金利なども低い状態でおさえられています。
利息がほとんどつかなくなったと感じている方も多いのではないでしょうか。
このように、単に銀行に預けておくだけでは足りず、より積極的に運用して利益を得ていく必要性が高くなっているといえるでしょう。

そこで注目したいのが、株に投資するという事です。
ある程度貯金がたまってきたら、一部を株式投資に回してみるというのも効果的です。
株自体が値上がりすれば、売却益も狙えます。
より大きなリターンを得たいという場合は、現在割安で今後の値上がりが期待できる銘柄に注目してみるとよいでしょう。

たとえ大きな値上がりがなくても、配当が付くような株であれば、場合によっては銀行の利息よりも高いこともあり、増やしていくという意味では大きな力となってくれます。
このような配当などを期待して株を購入する方も多いようです。

配当の高さ以外にも注目したいポイントとして、株主優待があります。
企業によっては自社の製品やサービス、金券などを株主に提供してくれることもあるので、自分の欲しいものやよく使う物であれば非常にお得になります。
企業側としても株主優待で提供したものを使ってもらい、自社の宣伝につなげることもできるという点で大きなメリットがあるのです。

定期的に届く株主優待は楽しみにもなりますし、お得な割引券や金券は生活に直接生かすこともできます。
投資を始めるきっかけととらえている方もいるので、ぜひお得な株主優待について情報を集め、投資先を決めていきましょう。

オススメの株主優待

始めて投資をする方で、株主優待を中心に考えていきたいという方の場合、オススメの株主優待としては、普段自分が使っているお店や商品に関するものが挙げられます。
サービスや商品についての知識もあるため、候補の中からよい会社を選びやすいというのも理由の一つです。
いくつかある中で一つ選ぶとしたら、最も自分が使う物を中心に選んでみましょう。

確かに優待の額の大きさは気になるところですが、いくらもらえるものの額が大きくても、普段使っていないものとなるとそれを使うために交通費など別の出費が出てしまったり、使わないまま残ってしまったりという形で、お得さが失われてしまう事も多いものです。
自分が利用できるかどうかという事は忘れずに検討しておきたいポイントといえます。

どうしても利用できないまま残ってしまうと思われる株主優待の金券については、金券ショップなどで買い取ってもらうのもおすすめです。
人気のあるものや換金性の高いものは高値で買い取られることもあります。
特に優待狙いではなく購入したけれど使えない、という場合は、こうした形で売却してみると、そのまま失効させてしまうよりもお得です。

また、株主優待でもらう金券などは、使用する人が限られていなくて有効期限が長いもの、使用できる範囲が広いものなどが使いやすいです。
こういったものはもし自分で使えなくても売却したりだれかに譲ったりすることもできるのでオススメです。
クオカードなどを株主優待として贈る企業も増えていますが、こうしたものは使いやすいので人気があります。

始めて株を購入しようという方はいろいろ悩んでしまいがちなものです。
こうしたいくつかのポイントを考えながら、自分にとってよりお得な株主優待を選んでいくようにしましょう。

関連記事