株の配当金の仕組みについてあなたはどの程度知っていますか?株はハードルが高いイメージがありますが、意外と簡単に始めることができます。

グラフと日本円
  • ホーム
  • 権利確定日と権利落ち日を知って置こう

権利確定日と権利落ち日を知って置こう

株式投資を行うのであれば最低限知っておきたい基礎知識と言うものがいくつかあります。
例えば権利確定日や権利落ち日に関する知識はその代表的なものの一つに数えることが出来るものとして知られています。
株式投資で利益を追求する方法には大きく分けて二つの方法が存在していますが、株式を保有していることにより得ることが出来る配当がそのうちの一つとして知られています。

銀行の預金で言うところの利息の様に一定期間に一度のスパンで受け取ることの出来るお金が配当金と呼ばれています。
配当金は銀行預金の利息とは異なり、基本的に株式保有期間は配当とは関係がありません。
ただ権利確定日に株式を保有しているかどうかが重要であると言えるのです。
この様な仕組みについてしっかりと知識を持っていることにより、最も効率よく株式を保有し、配当金の権利を獲得することが出来るようになると言えるでしょう。
このように配当を受け取る権利が確定する日のことを権利確定日と言い、売却しても配当を得る権利が残る最初の日のことを権利落ち日と言うのが一般的です。

この様に配当金には株式保有期間に関係なく配当が分配される仕組みになっていますので権利確定日と権利落ち日がいつであるかを把握しておくことにより無理なく配当の権利を獲得することが出来るようになるでしょう。
配当の獲得を主な目的として運用をしているのであれば、限られた資金で大きな配当金を得ることが出来るように株式保有期間を最小にしつつ、配当をしっかりとえることが出来るように資金管理をするということも重要になってきます。

権利落ち日には大きく株価を崩す場合もありますので必ずしも権利落ち日に売ることが推奨されるとは言えません。
しかし、株式保有期間を最小にすることで大きな利益を獲得できるようにしたいと考えているのであればそれぞれの銘柄と月次に応じて変化する権利確定日などの情報に対してもアンテナを張っておくようにするべきです。

権利確定日に注目しよう

株式投資は多くの人がかかわるという点において非常に感情的な値動きをする場合があります。
その典型的な例の一つが配当金の問題であると言えます。
一部の銘柄を除き、配当金を得るためには株式保有期間を長く保つ必要はありません。
株式投資の場合には透明性のある仕組みでルールが作られていますので、ルールに沿って判断をするという非常に当たり前の基準が用いられるのが一般的です。

投資家が是非とも把握しておきたい情報としては権利確定日の情報があると言えるでしょう。
株式投資に慣れてくるとわかることでもあるのですが、配当金が魅力的な株の場合には権利確定日の直前を中心に多くの人が集まってくるという傾向があります。
そのため権利確定日直前まで価格が高騰する場合も少なくありません。
場合によっては配当金を獲得するよりも売却して値上がり益を確保した方がメリットがある場合もあるのです。

しかしいずれの場合においても、権利確定日に関する知識は必須であると言えるでしょう。
この時期を意識しておくことにより実際の株価の変動に惑わされることなく、安心して取引を行うことが出来るようになると言えます。
配当金を得ることを最大の目的にしているのであれば権利確定日に関する情報には常日頃から目を向けておく必要があると言えます。

この様な視点は配当金を必要としているかしていないかに関わらず、投資家としては最低限必要な基礎知識であると言えるでしょう。
この様な考え方をしっかりと身に付けることによって、様々な活動に参加することが出来るようになってきています。
投資家としては権利落ち日がいつになるのかについて、しっかりと把握をしておく必要があると言えます。

関連記事
サイト内検索