株の配当金の仕組みについてあなたはどの程度知っていますか?株はハードルが高いイメージがありますが、意外と簡単に始めることができます。

グラフと日本円

仕手株ってどんな株のこと?

仕手とは短期的に大量に売買を行うことによって人為的に相場を作り、短期間で大きな利益を得ることです。
仕手そのものは市場で取引されるものであれば行うことが可能ですが、その中でも株式市場で公開されている銘柄で行われ、ターゲットとなった株のことを仕手株と呼びます。

これら仕手を行うためには、巨額の投資資金が必要であり、かつそれが違法でないように行わなければなりませんが、そのような仕手株を見つけることは比較的容易で、チャートを眺めていれば明らかに仕手株であるというものが見受けられます。

特にターゲットとなりやすいのが価格の安い低位株で普段は値動きがほとんどない銘柄です。
さらにポイントとなるのが浮動株比率が低い株です。
特に浮動株が少ないと発行数が少ないので市場で大きな売買をされると大きな影響を受けます。

このような株は通常は低位で株価が推移していますが、あるタイミングによって急激に暴騰したり、暴落をしているものがあります。
暴騰・暴落は業績などによって引き起こされますが、仕手株では業績に関係なく発生し、さらに特徴として暴騰・暴落後に値を戻しているものがあり、そのような銘柄は仕手株と見て間違いありません。

しかし、このような行為は明らかな株価操作であり違法です。
しかし、現実として複数の投資家が関わることで、それが個人が意図的に行った株価操作であるということを立証することができないため、グレーな状態として扱われます。
一般的に仕手で使われるのが根拠のない噂を流す風説の流布や、売買を見せかける仮装売買や見せ板などがあります。
仕手を仕掛ける側は違法に問われるものですが、それに乗っかることで利益を得ようという戦術も存在します。

特に仕手株と見た株を低位で推移している時に購入しておき、大きな変動が起これば売却してしまうというものです。
この場合には業績などに関係なく投資をするので大きなリスクがありますが、もともと低位株ですから投じる資金も少なくて済みます。

仕手株には注意しよう

仕手株というものはチャートの流れを見ていると魅力的なものに見えます。
つまり暴騰や暴落を定期的に繰り返しているということは、再びそれが発生する可能性があるということです。
株で利益を得る基本は低い時に買い、高い時に売り抜けるということで、理由なく暴騰・暴落を繰り返している株の場合には、上手くその波に乗れば大きな利益を得ることができるためです。

ただしそれらは読み通りに行けばの話で、そのとおりには行かず逆行すれば大きな損失を被るリスクがありますし、長期間にわたって塩漬けの状態になる場合があります。
特に仕手株に選ばれる銘柄の多くは倒産リスクが高い100円以下の銘柄が多いということで、このため仕手の動きとは別に倒産することによって無価値になるリスクが存在しています。

また普通に取引をしている場合にも注意が必要です。
仕手株に選ばれるのは低位の銘柄が中心で、低資金で購入することが可能なためです。
購入しやすい銘柄であることが仕手株の条件ともいえますから、知らずに購入してしまうケースがあります。
上手く行けば大きな利益が可能ですが、反対に暴落すれば損失を被ります。
さらに暴騰したさいに高値で購入するケースもありそのような場合には大きな損失を被ることになります。
このようなことを避けるためにも仕手株は購入しないように注意しなければなりません。

仕手株を知るためにはチャートの特徴的な動きのほかその株の会社業績や暴騰や暴落した理由などを把握しておくことが重要です。
また仕手株は倒産リスクが高い銘柄がほとんどですので、企業業績を見てそのような銘柄には手を出さないようにするのがリスクを下げるためにも重要になってきます。

関連記事